洗顔、洗髪に炭酸水でスペシャルケア!

炭酸水には美容効果があるとして愛飲している人も多いでしょう。
便通を良くしてくれたり、ダイエットをサポートしてくれるものと認識されている炭酸水ですが、実は飲む以外の使い道でも美容効果をもたらしてくれるのです。
炭酸水の二酸化炭素が体内に入ると血管が拡張し、血行が促進されます。
血行が良くなることで栄養を細部にまで行き渡らせることができるようになり、あらゆる健康や美容に効果を発揮するというわけです。
口からの摂取ではなくても肌に触れるだけでも効果があります。そこで、炭酸水での洗顔による美容法をオススメしたいのです。
顔の血行を良くして血色の良い若々しい肌を手に入れましょう。
すすぎの水を炭酸水にするだけではいけません。洗顔料に炭酸水を混ぜて泡立てたもので顔を洗うのです。
血流アップにより、シミやくすみの改善に期待ができますよ。
髪の毛だって炭酸水で洗っちゃいます。こちらは大量の炭酸水が必要になるので、まず手作り炭酸水の作り方のご紹介から。500mlの水に小さじ1杯の重層とクエン酸を混ぜてください。
さて、炭酸水シャンプーの方法です。まず、乾いた髪に炭酸水を振りかけて頭皮を揉み皮脂汚れを浮き上がらせます。そしてシャンプーに炭酸水を混ぜて泡立てたものでいつものように洗髪します。
最後に炭酸水ですすいで完了です。頭皮の血行が良くなって健康な髪を育てられるようになるでしょう。
炭酸水での洗顔、洗髪でいつも以上にスッキリと洗い上げることができるわけですが、少々肌に刺激が強いのも事実です。
毎日ではなく、スペシャルケアとして週1回を目安に取り入れるといいでしょう。
洗顔、洗髪に炭酸水でスペシャルケア!

ストレスフリー脱毛

今ではサロンで脱毛するのもかなり敷居が低くなりましたよね。ワンコイン脱毛なんてのも時々耳にしますし。
私は脱毛経験者としてはかなり古株です。ま、歳が歳ですし(^^♪
今、主流の光脱毛が世に出始めてすぐに飛びついた一人です。20年くらい前でしょうか。
それまでは、サロンでWAX脱毛を受けていたのですが、全然無くならない。エステティシャンの方からは無くならないけど少しずつ毛質が変わって毛量が減ってくる場合が多い、と言われましたが全然(-_-)
ストレスフリー脱毛
そんな中、そのサロンに新しい脱毛機が入り、3回の施術でほぼ目立たないくらいきれいになる、と勧められて。すぐに契約しました。
もちろん若かったしお金もないしローンを組んで。今思えばよくやったな、と思いますが、毛深いことは子供の頃からの一番のコンプレックスだったのでそれから開放されるなら…と藁にもすがる思いでした。
そして、結果は…。
とても満足です。それまでシェービング・毛抜き・WAXといろいろしてきてかなり剛毛になってたのが逆に反応が良かったようで(光脱毛は黒に反応するので薄い毛より濃い毛の方が効果が出やすいらしい)みるみる毛が抜けていきました。
徐々にブツブツだった毛穴もきれいになり3回でもすごく効果を感じれました。
あれから20年。他店で他の部位や毛残りのある部位をスポットで施術を受けたりもしつつ、今では全く事故処理はしていません。
昔と今の価格の差を考えるともっと後に生まれてきたら、と思わずにはいられませんが、コンプレックスから解放されて本当に良かったと思います。

脱毛サロンに通うメリット・デメリット

脱毛サロンに通うメリットは、自己処理が楽になるという点です。
レーザーにしろ光にしろ、脱毛サロンに行くことで、ムダ毛の生えてくる量が減ります。自己処理では、ムダ毛の量は変わらないので、これはとても楽です。
また、サロンに回数通うことでほとんど毛が生えてこなくなります。生えても1本や2本なので、ほとんど自己処理をする必要がなくなることがメリットです。
一方でデメリットは、1回や2回の脱毛では、ムダ毛の量は変わらないということです。
ほとんど生えてこないようにするためには、10回以上、脱毛サロンに通う必要があります。そのため、時間もお金もかかってきます。
そして、サロンで脱毛してもらう前には電動シェーバー等で自己処理をしてから行かなければいけないことや、光を当てるために日焼けや乾燥に気をつけなければいけません。
日焼けや乾燥がひどいとせっかく予約が取れていても、施術してもらえないのです。
さらに、施術のあとは毛が自然に生えて抜けていくのを待たなくてはいけないので、自己処理をしたくても伸ばしたままにしなければいけない期間があるのもデメリットです。
面倒なことも多いですが、お金に余裕があって、サロンに定期的に通うことができるのであれば、肌も傷めないでムダ毛がなくなるので、脱毛サロンはいいと思います。
施術の時も痛みはチクっとする程度で、ほとんど気にならないので、抵抗も少なくできると思います。
脱毛サロンに通うメリット・デメリット

店舗間移動できるか

炎症が起きている赤ニキビ、化膿してる黄色にきびがあれば、脱毛d系なかったりします。
1、2つならシール、てーむでにきびカバーし施術しますが、顔全体にあれば、にきび治療を優先させましょう。
顔脱毛の施術を受ければ、一時的にニキビができることもあります。
特に医療機関でされているレーザー脱毛に多いトラブル。
毛根は皮脂腺と一緒に毛穴の中にあってレーザーが当たって、皮脂腺が刺激されてにきびができるケース。
レーザーによる肌へのダメージがにきびを作るケースがほとんどです。
こちらも施術後一時的なもので自然に治ります。
最近格安サロンができていて、学生、主婦の方も気軽に脱毛できるようになりました。
今では数十万、100万円以上が当たり前の脱毛がとてもリーズナブルになったのはうれしいです。
ですが、脱毛サロンの選び方を間違えれば、失敗してしまう結果があります。
進学や就職、結婚で女性はライフスタイルの変化に合わせ引っ越しすることが少なくありません。
脱毛サロンは2〜3か月に1度通ったりして、自10回コースを契約したらコース終了まですくなくても2年かかります。
その間費越すことになれば、店舗間移動できないサロンはコース解約するか遠いところから通わなくてはならないです。こうしたことがないようサロン選びは店舗間移動かどうかしっかり確認してください。
引越し後通いやすいサロンが見つけやすく、地方へ行ってもサロンが近くにある可能性が高いのはミュゼなどです。
店舗間移動できるか